山梨の名山と名水

名水の里として知られる山梨県は、全国のミネラルウォーターの約42%を供給しています。
1985年に環境省(当時は環境庁)が日本名水百選に選定した「八ヶ岳南麓高原湧水群」や「尾白川」等3ヵ所が選定されました。
2008年には平成の名水百選として「金峰山・瑞牆山源流」等4ヵ所が環境省より認定され、本県の名水は7ヵ所となりました。
このように県内に複数の「名水」を有することで、様々な味わいの名酒が生まれるのです。

 

▲ページの先頭へ