名山の水 山の酒 純米酒 飲み比べセット

富士山、南アルプス、八ヶ岳など雄大な山々に囲まれた山梨県は、全国のミネラルウォーター出荷額の45.6%を占める名水の地です。
主原料から醸造まで山梨にこだわり、厳しい認定基準をクリアした山梨県原産地呼称日本酒認定酒です。

山梨県原産地呼称日本酒管理制度

山梨県内で醸造される日本酒のうち、全国に誇れる山梨県内産の米と水を主原料にしたものであって、「山梨県原産地呼称日本酒管理制度」の認定基準に基づいた厳しい審査に適合した日本酒のみが「認定酒」として、その名を名乗ることができます。

主な認定基準

  1. 山梨県産の米を100%使用すること。
  2. 仕込み水は、山梨県が認定する地域産業資源の山系の水を使用すること。
  3. 精米歩合70%以下の純米酒。
  4. 醸造から製品集荷までの全ての工程を山梨県内で行うこと。
  5. 自醸酒であること。
  6. その他、別に定める審査に合格したもの。
  • 谷櫻酒造有限会社
  • 株式会社八巻酒造店
  • 山梨銘醸株式会社
  • 太冠酒造株式会社
  • 株式会社萬屋醸造店
  • 笹一酒造株式会社
  • 井出醸造店

 

 

名山の水 山の酒 スパークリング日本酒 飲み比べセット

富士山、南アルプス、八ヶ岳など雄大な山々に囲まれた山梨県は、「天然の水がめ」と呼ばれる名水の地です。
主原料から醸造まで山梨にこだわり、厳しい認定基準をクリアした山梨県原産地呼称日本酒認定酒です。

山梨県原産地呼称日本酒管理制度

山梨県内で醸造される日本酒のうち、全国に誇れる山梨県内産の米と水を主原料にしたものであって、「山梨県原産地呼称日本酒管理制度」の認定基準に基づいた厳しい審査に適合した日本酒のみが「認定酒」として、その名を名乗ることができます。

スパークリング日本酒の主な認定基準

  1. 山梨県産の米を100%使用すること
  2. 仕込み水は、山梨県が認定する地域産業資源の山系の水を使用すること。
  3. 醸造から製品集荷までの全ての工程を山梨県内で行うこと。
  4. 醸造中の自然発酵にある炭酸ガスのみを保有していること。
  5. アルコール分は、8度以上であること。
  6. ガス圧は20℃で2.5バール(0.25メガパスカル)以上であること。
  7. 瓶内二次発酵で、火入れ殺菌を行い、香味、品質が安定していること。
  8. 自醸酒であること。
  9. その他、別に定める審査に合格したもの。
  • 山梨銘醸株式会社
  • 太冠酒造株式会社
  • 井出醸造店